インフルエンザ治療薬の国内需要と供給の状況と通販

高熱や身体の節々の痛みを伴うインフルエンザはただ病気としてつらいだけではなく、高齢者や子供を中心として死に至ってしまうことすらあるハイリスクな病気の一つです。季節性インフルエンザは毎年流行することから、誰もが毎年死の危険にさらされているといっても過言ではないでしょう。一方で、その有効な治療薬が開発されたことによって、その症状が重篤化して死に至るケースが大幅に減少しました。そういった状況から多くの人がその治療薬の処方を求めるようになっており、時期になると在庫が不足する危険性が示唆されています。そのために精力的に備蓄が進められている状況がありますが、高まる需要に対して供給できるかどうかを不安に思う声が多いのが実情です。こういった治療薬は海外でも流通しており、日本ほどに不足の状況がある国も稀です。そのため、通販による並行輸入で入手しようとする人も多くなってきています。特に予防に対しても有効であるということが示されてからというものの、保険適用されない予防目的での使用であれば通販で買っても損はしないと考えて購入する人が増加する傾向に拍車がかかるようになっています。通販で購入するのは個人の責任ではあるものの、気をつけなければならない点が一つあります。その高い需要があるゆえに偽物の流通も広まっているという点です。特にインフルエンザが流行する季節になると治療薬を格安で販売する業者も散見されるようになり、そういった中には偽物を取り扱っている業者も少なからず存在しています。その取り締まりも強化されてきているものの、通販の匿名性の高さから追跡が困難であり、被害に遭う人も稀ではないことから注意が必要なのです。