鳥インフルエンザの猛威と空気加湿清浄機の設置

一般的に鳥インフルエンザが人に感染することは稀ですが、インフルエンザはその能力を獲得する場合があります。豚インフルエンザで世界中を恐怖に至らしめたのがその類似した事例であり、こういった事態が鳥インフルエンザでも起こりうるとされているのです。鳥インフルエンザは世界的に蔓延するようになってきており、高病原性のものが流行することも多々あります。北米においてはその状況が顕著であり、数百万羽から数千万羽の規模での死亡や殺処分が実施されてきています。北米においては七面鳥も飼育しており、鶏だけでなく七面鳥もその被害に遭っている状況があります。こういった状況から、他の鳥類に感染してウィルスが広域に広まっていってしまうことが懸念されているのです。北米における鶏や七面鳥の生産量も多いことから、インフルエンザへの懸念だけでなく、経済への影響の大きさも悩みの種となっています。鳥インフルエンザが人に感染するということを懸念しなければならない状況が世界各地であるというのが事実であり、それにともなってワクチンの接種以外の方法での予防が広く行われるようになってきています。空気加湿清浄機を設置するというのはその代表的なものです。空気加湿清浄機を使用することによって人にとっては快適で、ウィルスにとっては快適ではない空気を作り出すことで、少しでもウィルスが少ない環境にするというのがこのアプローチです。空気加湿清浄機があるというだけで多くの人が安心感を得られるというのもメリットであり、公共施設や病院などでは設置されるのが当然になってきています。こういった小さな取り組みから社会全体として予防に努めていくことがパンデミックを防止するのに重要となるでしょう。